海遊びにぴったりな東京都北区赤羽にあるダイビングスクール(無料送迎)

My器材メンテナンス・調整/修理

スクーバダイビングは、専用の器材がないと水中環境で遊ぶことにできないレジャースポーツです。
そんな別世界で安全に安心して遊ぶためにも常にベストな状態で使用できる器材状態であるべきだと考えています。

器材メーカーやダイビング指導団体でもオーバーホールが必要な器材は実施期間内に行われるよう推奨奨励しています。当店でもその考えは同じであり必要性をお伝えし実施していただいております。

使用時に器材トラブルがあれば致命的な事故となり自分自身だけではなくバディも巻き込むことになるからです。
My器材のオーバーホールはマナーのひとつとお考えください。

■My器材オーバーホール

オーバーホールとは、1年に1回または、100ダイブごとを目安に行う定期点検です。
車を所有する方はご存知かと思いますが、オイル交換や定期点検と同じようなもので怠ると起きてほしくないときに調子が悪かったり動かなくなったりのトラブルが起こるものです。
特にダイビング器材は異空間で使うものなので安全安心が必要です。長く使い続けるためにも所有者の責任としてホーバーホールは実施してください。

➡ どんな事するのか?(一般的な手順です。)
①器材お預かり。外見の確認と申込書への記入。
②受入検査を行います(エア漏れ、中圧値)。
③器材を分解し特殊な洗浄液を使い超音波洗浄を行います。
④洗浄だけでは落ちない汚れや緑青(特有な錆)などはブラシなどで落とします。
⑤真水で洗い乾燥します。
⑥乾燥した器材の指定消耗パーツの交換。
⑦指定パーツ以外に問題が出そうなパーツ(有償)が有ればそのパーツも交換します。
⑧最終組み立て後、圧力やエアーの流量を調整します。
⑨数日置いた後、最終チェックを行い完成となる流れです。

・オーバーホールの見積は、現物の状況などで変化(有償パーツ代など)します。現物なしで見積もりはできません。ご面倒でも対象器材をお持ちください。

■My器材の調整

器材の調整が必要な方は、お申しでください。
レギへの加湿付きフルター、マスクストラップカバー取り付け、フィンストラップのスプリング化などのバージョンアップ承ります。お持ちのダイブコンピューターの時間合わせ。

ダイビング器材全般でお困りの方はご相談ください。ご相談は無料です!!

■My器材の修理

・器材の調子や不具合を感じたらその器材を現状のままでお店までお持ちください。状態を確認し該当メーカーに修理依頼いたします。メーカーに依頼する場合、修理有無にかかわらず料金が発生します。詳しくは、その都度、お伝えいたします。
・お持ち頂いた器材が、パーツ交換無しで当店スタッフが対応できる状態であれば無償で対応する場合があります。
・マスク・フィンなどのストラップなどが破損、ゴムの劣化がある場合などは、その部分の交換で大丈夫です。
・スーツ類の破けなども対応可能です。特にドライスーツは、破けが大きくなる前にお持ちください。
・修理品は、現物確認が必ず必要です。電話のみでのお問い合わせ対応はできたいことご理解ください。

修理料金が思ったより高額になった場合、下取りはいたしませんが通常の提供価格より割引率を考慮し対応いたします。

 

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.